Top > 外国語教育 > 映画を授業で使う新しい方法

映画は、語学学習と相性がいいので、私も昔からよく使っていたのですが、
最近の技術&サービスの進歩で、さらに使いやすくなりました。

昔は、レンタルビデオ屋に走ったりする必要がありましたが、
現在では、その必要もありませんよね。

YouTube(動画の共有サービス)を使います。

ここには、英語で撮影されたホームビデオだけではなく、
映画の予告も入っているので、それを使うのがおススメです。

短く完結するので、授業中に見せるのにぴったり。
もう、途中で映画を止めて、生徒に「えーーーっ!!」と
非難されることはありません(笑)。

また、使われている表現も、短くインパクトがあるので、
印象に残りやすいと思います。

こんな感じのものがたくさんありますよ。
ぜひぜひ探してみてください!

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)