Top > 海外で教育について考える > 効果10倍の〈教える〉技術

上海での、
マツダミヒロさんのセミナー、
行ってきましたよ~!!

まず、上海で、一人の日本人が、日本人向けに
セミナーをやって、これだけの人が集まることに
驚きました。

次に、セミナーの進め方ですね。
コーチングを習得されている方だけあって、
参加者をどんどん動かします。

マツダさん自身も言われていました。

「日ごろ、考える時間がないという方も、
 こういうセミナーに参加すると、
 強制的に考えるでしょ?」

たしかになぁ…

自分で、将来の自分を考えたり
設定したりするの、嫌いだもんなぁ…

ここは、中国だし、
不確定な要素も多いから、
決められないし…

な~んて言って、いつも
言い訳してしまう私にとっては、
他の参加者の方々に巻きこまれて、
質問に答えるうちに、自分の考えが
ハッキリしていく経験をするのは、
非常におもしろい経験でした。

結構良いですね、
こういう参加型のセミナーも。

というのも、
実は、前回帰国したときに、
本屋で衝動買いしてしまった本があったんです。






「今までの、教育方法は、古すぎる!」

ということで、新たな教育方法として、
一方通行の講義型ではない、参加者主体の研修を
結構わかりやすく提案している本です。

が、

やっぱり、百聞は一見に如かず、でした。

今日のセミナーでよくわかりました、
参加者に考えさせることが主体のセミナーでも、
十分に得られるものが多いことが。

(ただ、この本の手法とマツダさんの
 手法が同じとは限りません)

語学教育は、特に、
スポーツのような側面があるので、
参加者にメインになってもらって動いてもらう手法は、
非常に参考になりました!!